栄養・成分

サジーの成分を徹底解説!サジーに含まれる豊富な栄養素とその効果!

更新日:

スーパーフルーツって言われるサジーって、どんな成分・栄養素が含まれているの?

サジーにはビタミン類やミネラル類、食物繊維等の天然成分が豊富に含まれています。

特定の成分が突出している訳ではなく、幅広い栄養素が含まれていて

その栄養価の高さから「スーパーフルーツ」と呼ばれています。

専門機関の分析結果からも、その栄養成分の高さが認められていますよ!

この記事では、そんなサジーの魅力をしっかりとお伝えするために、

  • そもそもどうしてサジーにはそんなに豊富な栄養成分があるのか?
  • どんな働きをするのか?どうして体に良いのか?

など、それぞれの成分や栄養素を、他の果物などとわかりやすく比較しながら説明していきます!

そもそもサジーって?豊富な栄養素を持つ理由とは?!

グミ科の植物サジー。200種類以上の栄養成分が含まれている。

サジーは、ユーラシア大陸原産のグミ科の植物です。

サジー(沙棘)、シーバックソーン、シーベリーなど様々な名前で呼ばれていますが、全て同じ果物のことを指しています。

小豆ぐらいの大きさの、小さな黄色い果実です。

学術名は「ヒッポファエラムノイデス」で、「馬の毛をキラキラさせる樹」を意味します。

モンゴル帝国の英雄チンギスハーンの伝説では、

「傷ついた馬たちがサジーの実を食べると、以前よりも肥えてたくましく毛がツヤツヤと光り、傷が癒えた」と伝えられています。

すごい!面白い!

最近では、ロシアの宇宙飛行士達の健康向上と、ストレスに対する抵抗力を強化するために、サジー飲料が提供されました。

最初に宇宙に行った果実ジュースはサジーなんです!

 

サジーは約2億年も前から生存していると言われていて、砂漠などの寒暖差の激しい地域や紫外線の強い高地にも生息できる生命力の強い植物。

標高1200~2000mのモンゴルの砂漠に自生しています。

マイナス40度の極寒に耐え、標高や温度差、干ばつ、日照り、砂嵐、塩害にも抵抗力があるんだって!

過酷な環境の中、種を存続させ生き抜くために、サジーの果実は自らの実の内に様々な成分を生成したと考えられています。

その証拠に、日本などの肥沃な土壌で栽培するとサジーの栄養価は顕著に下がってしまうのです。

 

また、栄養素というものはそれぞれ種類によって体内で働く場所が違っていて、互いに助け合って作用するので

単体で摂取するよりも複数組み合わせて摂取する方が効果的です。

サジーは、それだけでバランスよく栄養素を摂れるので、とても優れた「奇跡の果実」といえるのです。

 

亜鉛・鉄・カリウム・マグネシウム・カルシウムなどのミネラル多数

亜鉛・鉄・カリウム・マグネシウム・カルシウムなどのミネラル多数

サジーの特長の一つは、鉄分や亜鉛などのミネラルが豊富に含まれていることです。

ミネラルとは

ポイント

ミネラルは、糖質や脂質、タンパク質、ビタミン、食物繊維に並ぶ六大栄養素のひとつ。

カルシウムやマグネシウムなどが有名。

骨や歯を形成したり、神経の伝達に関わったり、細胞の働きをスムーズにするなど、身体の臓器や組織を円滑に働かせるために必要な栄養素です。

ミネラルが不足すると、思うようにカラダが動かない、なんだか調子が悪い・・・と感じるようになるよね…

また、ミネラルは身体の中でつくり出すことはできないため、肉や魚、野菜、海藻などの食物から摂取することが必要になります。

サジーに含まれる鉄分

他の野菜や食品と比べると、サジーに含まれる鉄分は

  • プルーンの約37.5倍
  • ほうれん草の約3.8倍

牛レバーの約1.4倍であることがわかっています!

 

サジーに含まれる亜鉛

亜鉛は酵素たんぱく質の構成要素として、骨の成長や肝臓、腎臓、インスリンを作るすい臓など、新しい細胞が作られる組織や器官では必須のミネラルです。

サジーには

  • いちごの約3.8倍
  • バナナの約3.8倍
  • アセロラの約1.5倍

の亜鉛が含まれています。

 

摂りにくいビタミン類(ビタミンA・C・E・B6・B12・葉酸)が含まれている!

サジーにはビタミンA・C・E・B6・B12・葉酸が豊富に含まれている!

サジーにはビタミン類も数多く含まれています。

ビタミンA、C、E、B1、B2、B6、B12、K1、葉酸、ビオチン他多数。

特に、豊富なのはビタミンCビタミンEですが

豚やレバーなど動物性の食材に含まれていることが多いビタミンAも豊富なので、レバー等が苦手な人にとってはビタミンAが簡単に摂れるというのも嬉しいポイントです!

サジーに含まれるビタミンC

ビタミンCは、骨や腱などの結合タンパク質であるコラーゲンの生成に必須の栄養素。

ビタミンCは抗酸化力も強く、不足するとコラーゲンの生成が出来ない為、美容や健康のために欠かせない栄養素として注目されています。

サジーには

  • サンザシの約20倍
  • いちごの約14.5倍
  • レモンの9.0倍

のビタミンCが含まれています。

 

サジーに含まれるビタミンE

ビタミンEは抗酸化力が非常に高く、血管を健康に保つほか、血中のLDLコレステロールの酸化を抑制する働きがあるビタミンです。

細胞の酸化を防ぐため、老化防止にも効果があると考えられています。

サジーには

  • アボガドの約2.6倍
  • ほうれん草の約4.0倍
  • にらの約9.0倍

のビタミンEが含まれています。

 

鉄分が多く含まれ、豊富なビタミンCが非ヘム鉄の吸収を高める!

ヘム鉄+ビタミンCで吸収されやすくなる!

サジーにはプルーンの約37.5倍、牛レバーの約1.4倍も鉄分が含まれていますが

鉄分にはヘム鉄非ヘム鉄があります。

 

この2つの違いは

ヘム鉄

肉や魚などの動物性食品に含まれていて吸収率が高い

非ヘム鉄

果物や野菜などの植物性食品に含まれていて吸収率が低い

ということです。

サジーは果物なので含まれている鉄分は非ヘム鉄ですが

実はサジーに豊富に含まれているビタミンCには、非ヘム鉄の吸収を高める働きがあるんです!

 

鉄分は、不足すると活力が失われ、どんよりとして気分もさえないなど、体を動かすのさえおっくうな状態になってしまいます。

鉄分は汗や尿などにより排出されるため、毎日しっかりと補う必要があります

妊娠中には特に多くの鉄分が必要になることは有名ですし

そもそも現代の日本人女性の4人に一人は鉄分が不足している「鉄欠乏性貧血」であると言われています。

「鉄欠乏性貧血」は、血液中のフェリチンと呼ばれる貯蔵鉄の値が低下することで診断され

疲労感や動悸息切れなどの症状があらわれます。

重度になると日常生活に大きな影響を及ぼすほどの病気なのですが

サジーを摂ることで、このフェリチンの値が正常に整えられるという効果も期待できます。

 

抗酸化成分が多く、エイジングケアにも!

サジーの抗酸化力でエイジングケア!

「抗酸化成分」は、若々しく活力的に生きていくために、意識的に摂取したい栄養素。

人は抗酸化力が低下することで老化していくことがわかっており、加齢によるコンディションの低下は様々な不調の原因となります。

サジーは「抗酸化成分」が強いことも大きな特長の一つで

その抗酸化力は

  • ニンジンの約11倍
  • トマトの約20倍

にもなります。

しかも、豊潤サジーの原料であるビコアサジーは、他種のサジーより約7倍の抗酸化成分が含まれることがわかっています。

ビコアサジーの抗酸化成分を取り入れることで、身体を元気に保ち「年齢を感じさせないからだ」に導くことができる!

 

美容に必要な必須アミノ酸すべてが含まれている!

必須アミノ酸が全て含まれている!

身体を構成する基礎となるたんぱく質は、アミノ酸から作られています。

アミノ酸は、身体の中から調子を整える効果があり、皮膚、内臓、消化器官、血液などの組織、酵素、免疫などの生理機能の維持、調整をする必要不可欠な栄養素。

サジーには、体内で合成することができないアミノ酸(必須アミノ酸)全9種類を含む19種類のアミノ酸が豊富に含まれていて

その量は米酢の約4,69倍。

美容に良いのは本当に嬉しい!

サジーに含まれるアスパラギン酸

サージに含まれるアミノ酸の中でも、アスパラギン酸は米酢の約65,5倍と突出して多いのが特長です。

この「アスパラギン酸」は、栄養ドリンクやスポーツドリンクに配合されることも多く

体内に留まると疲れのもとになるアンモニアの排出を助ける働きがあります。

 

その他、サジーに含まれる嬉しい成分まとめ

リンゴ酸や食物繊維、セロトニンも!

新陳代謝を高めるリンゴ酸がたっぷり

リンゴ酸は、疲労をもたらす乳酸を減らすとともに身体の新陳代謝を活発にします。

乳酸や体脂肪を分解し、エネルギーに変換することで、疲労回復を促し疲れを取り除いてくれるのです。

 

「リンゴ酸」という名前の通り、リンゴに多く含まれている成分なのですが

サジーにはリンゴの約8,3倍ものリンゴ酸が含まれています!

 

食物繊維や不飽和脂肪酸、幸せホルモンと言われるセロトニンも!

その他、サジーには食物繊維やセロトニン、リコペン(リコピン)など、書ききれないぐらい多くの成分が含まれています。

女性の身体の不調にはもちろんですが

コレステロールを下げる役割がある不飽和脂肪酸も多いため、血糖値の気になる男性にもおススメです。

 

豊潤サジー(黄酸汁)は200種類以上の栄養素を含んでいながら低カロリー!

豊潤サジーは100%天然原料で低カロリー!

サジーはサプリメントとは違って天然の果物なので、200種類以上の天然の栄養素がバランスよく豊富に含まれているのが一番の特長です。

サジーを摂取するのにおすすめなのが、豊潤サジー(黄酸汁)というサジージュース。

サジーの中でも特に過酷な環境で生育している「ビコアサジー」という品種を原料にしていて

1日たった30ml程度で他の果物や野菜の数倍以上の栄養分が摂取できるんです!

豊潤サジーのすごいところ

  • 200種類以上の天然の栄養素を含む
  • 高栄養価なのに1日分(30ml)でわずか20キロカロリー!(1個180キロカロリーのおにぎりと比べ約1/9)
  • 100%自然原料だけにこだわり、着色料、香料、保存料は一切使っていない

だるさや疲れ、エイジングケア、美容に効果的な栄養成分がふんだんに含まれているため

特に女性にうれしい天然の栄養素を摂取できる酵素ドリンクです!

-栄養・成分

Copyright© サジージュースの口コミ・効果を徹底検証 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.